プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに松本清張の本を読み直してます

この頃、朝の室温が20度を切るようになってきました。
8月に暑くて暑くて、朝から「26度」なんて温度計を見てうんざりしていたのが嘘のようです。
もう少ししたら、朝晩ストーブを使わないとならないでしょう。

先日、読書関連サイトの『本が好き!お気軽読書日記』(管理人さんはもろりんさん)の企画に参加させていただきまして、そのときに松本清張の本についてコメントしました。
そうしたらまた、清張氏の本が読みたくなって、また、引っ張り出して読んでいます。この人の作品は、古代史から時代もの、昭和のころとか、多岐に渡っていますが、私がよく読むのは、昭和の頃のミステリーです。

昭和20年代とか30年代とか、今ではもう「近・時代もの」みたいな雰囲気さえありますが、その頃の社会を今まで自分が読んだ本から得た知識を総動員して想像して読むのがおもしろいのです。

庶民の眼から見たその時代や、出来事を織り込んで再構成された物語は読み応えがあります。
それに、人間の感情の動きは昔も今も変わらないし。

物語以外にも、清張氏の半生記も読み直しましたが、本当に苦労したんだなあという感慨を持ちます。
人は生れる時代も環境も選べないし、その時に自分が考えてできることをするしかないんだ、という思いも湧き上がります。「こうでなかったら」と思っても、変えられないことも多いし。

いろいろな土地へ行ってみたいという憧れは、私もあって、そういうところに親近感を覚えたりします。

清張氏の物語には、日本(以外も)各地が登場して、読んでいると思わず地図を持ってきて、場所を確かめながら読むことも多く、実際に旅行に行けない状況にあっても楽しませてくれます。
本当にいつか、いろいろな土地に旅行できたら、いいなあと思います。

半生記に登場する人物に、清張氏が言われたように、「それがなんになる」と誰かに言われても。なんにもならなくても、未知の土地に、小説に登場するいろんな土地に行ってみたいものです。

(下記の画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon

半生の記
スポンサーサイト

「シャーロック・ホームズ全集」のページをリニューアル

今日はアップロードできるような絵がありません。
という理由からでもありませんが、「シャーロック・ホームズ全集」のページをリニューアルしましたので、お知らせします。

ミステリーは、好きな人が限られますから、とてもマニアックかも知れません。でも、「ミステリー」というと、人間の心理が描かれていないと思い込んでいる人がいるようですが、違います。

たしかに、「犯人当てゲーム」しか考えていないような作品もありますが、でも、優れた心理描写が取り込まれているミステリーはたくさんあります。

そして、心理描写以外にも、いろいろな魅力のある作品もあります。私は、「犯人がわかってもまた読みたくなるか」ということを判断の目安にしています。

「ホームズ」シリーズは、初めて出会ってからかれこれ30年以上。いまだに時々読み返します。

シャーロック・ホームズの冒険(上)
icon(セブンアンドワイ)

シャーロック=ホームズの冒険 上 シャーロック=ホームズ全集 (5) シャーロック=ホームズの冒険 上 シャーロック=ホームズ全集 (5)
中尾 明、常盤 新平 他 (1983/01)
偕成社
この商品の詳細を見る
(アマゾン)

『七人のおば』読み返してみました

だいぶ以前、多分15,6年前に読んだはずのパット・マガー作の『七人のおば』を読み返してみました。古いミステリーです。

なにしろ、作中に登場する「戦争」は第二次大戦。
以前読んだときも、どこかの古本屋で買って、読んで、「ふーん」と思ってその後図書館に寄付した本の中の一冊のように思います。それをまた、図書館から借りてきました。

買いあさった文庫本の置き場所が無くなって、かなりの冊数を以前、図書館に寄付してしまったのです。みかん箱で10箱はあったと思います。

続きを読む »

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。