プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵はほんとのスケッチ

今日の絵は、某家の飼い犬がおやつを喜んでかじっているところを、スケッチしたものです。

dog1.jpg

当然、犬は動き回るので、ササッと描かなくてはなりません。ここまで描くので精一杯。
色を付けるより、このままの方が臨場感(?)が出そうで、白黒のままにしました。
スポンサーサイト

かわいい動物マンガを見つけました

先日、コンビニで緒形もりさんという方の「うちのうめは今日もげんき」というマンガ本を見つけました。
コンビニで見かけるまで、全く知らなかったのですが、この本はvol.2で内容からみて、もう十年以上前に雑誌で連載されていたマンガのようです。

犬2匹・ネコ13匹・アライグマ1匹という動物大家族。特にネコ13匹(!)というのがすごくて、「いったい、どんな日常なのか?」とそれが知りたくて、思わず買ってしまいました。

こんなに動物がいると、ネタにはことかかないでしょう。期待通り、とってもおもしろいマンガで、一人で笑いながら読みました。もちろん、動物=生き物なので、悲しいことや、考えさせられることもありますが、基本的に「犬好き」「ネコ好き」「動物好き」には、楽しいマンガでした。

私が買った本は二つの画像の下の方です。
(本の表紙画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)


icon
icon
うちのうめは今日もげんき vol.1 アライグマがやってきた!!

icon
icon
うちのうめは今日もげんき vol.2 イヌ・ネコ・うめの動物大家族

あきらめないスキンケア『オードレーヌ』─ハリ肌、ツヤ肌、キメ肌へ─

花壇の足元に咲いた花を描きました

やっと爽やかな気候になりました。
却下照覧、というわけではないけれど、昨日、自分の家の花壇に咲いていた、金魚草を描いてみました。
20cmにもならない位の丈で、うっかりすると見落としそうになりますが、とてもかわいい花です。
flower5.jpg

二ヶ月前からの懸念だった検査に、やっと行ってきました。自力で行けるほど体力が回復して、元気に歩いて汽車に乗っていって来られたので、良かったと思います。結果はどうかな・・・。一週間ほどで出ると思います。

久しぶりに松本清張の本を読み直してます

この頃、朝の室温が20度を切るようになってきました。
8月に暑くて暑くて、朝から「26度」なんて温度計を見てうんざりしていたのが嘘のようです。
もう少ししたら、朝晩ストーブを使わないとならないでしょう。

先日、読書関連サイトの『本が好き!お気軽読書日記』(管理人さんはもろりんさん)の企画に参加させていただきまして、そのときに松本清張の本についてコメントしました。
そうしたらまた、清張氏の本が読みたくなって、また、引っ張り出して読んでいます。この人の作品は、古代史から時代もの、昭和のころとか、多岐に渡っていますが、私がよく読むのは、昭和の頃のミステリーです。

昭和20年代とか30年代とか、今ではもう「近・時代もの」みたいな雰囲気さえありますが、その頃の社会を今まで自分が読んだ本から得た知識を総動員して想像して読むのがおもしろいのです。

庶民の眼から見たその時代や、出来事を織り込んで再構成された物語は読み応えがあります。
それに、人間の感情の動きは昔も今も変わらないし。

物語以外にも、清張氏の半生記も読み直しましたが、本当に苦労したんだなあという感慨を持ちます。
人は生れる時代も環境も選べないし、その時に自分が考えてできることをするしかないんだ、という思いも湧き上がります。「こうでなかったら」と思っても、変えられないことも多いし。

いろいろな土地へ行ってみたいという憧れは、私もあって、そういうところに親近感を覚えたりします。

清張氏の物語には、日本(以外も)各地が登場して、読んでいると思わず地図を持ってきて、場所を確かめながら読むことも多く、実際に旅行に行けない状況にあっても楽しませてくれます。
本当にいつか、いろいろな土地に旅行できたら、いいなあと思います。

半生記に登場する人物に、清張氏が言われたように、「それがなんになる」と誰かに言われても。なんにもならなくても、未知の土地に、小説に登場するいろんな土地に行ってみたいものです。

(下記の画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon

半生の記

台風の被害が無くて良かった

九州でずいぶん台風の被害が出ましたが、こちらはあまり被害がありませんでした。
確かおととしに、強風のため長い停電があったり、いろいろな被害が出たので、心配していました。
ますは、ホッとしています。

今日、出かけたときに見かけた蔦の葉。
plant10.jpg

コンクリートにくっつくようにして、葉っぱがずらりと並んでいる様はかわいらしくて、でも、うまく描けないので、自分で描いていながら「うーん・・・」と思ったりして。
秋の季語(?)ってところです。

今日はピーマン

先日の誕生日の記事にコメントありがとうございます。
ネット上でもお祝いいただいて、嬉しく思いました。

さて今日は、家庭菜園でできたピーマンです。
私ではなく、母が野菜や花を作っています。
このピーマンは形がかなりでこぼこで、大きめ。なんだか迫力のあるピーマンだと思って、絵にしたくなったものです。
vagetable1.jpg

ピーマン独特の黄緑のような、深い緑色のような(?)色がなかなか作れず、このような色になりました。
もう少し、色の調合を研究してみようかな。

明日以降、こちらに台風が近づいてくる予報です。被害が出ないように祈るのみですが、九州の方ではずいぶん被害が出たそうですね。お見舞い申し上げます。

今日は誕生日

今日は私の誕生日です。いろいろな感慨がありますが、元気で誕生日を迎えられたことは、やっぱりお祝いすべきことと思います。
flower4.jpg

うちの庭で咲いたコスモスの絵を描いてみました。
華やかではないけれど、楚々としたコスモスの雰囲気が好きです。「秋の花」として、私の頭にすぐ浮かぶ花です。

まず、「自分で自分にお祝いの花」、というところです。

「シャーロック・ホームズ全集」のページをリニューアル

今日はアップロードできるような絵がありません。
という理由からでもありませんが、「シャーロック・ホームズ全集」のページをリニューアルしましたので、お知らせします。

ミステリーは、好きな人が限られますから、とてもマニアックかも知れません。でも、「ミステリー」というと、人間の心理が描かれていないと思い込んでいる人がいるようですが、違います。

たしかに、「犯人当てゲーム」しか考えていないような作品もありますが、でも、優れた心理描写が取り込まれているミステリーはたくさんあります。

そして、心理描写以外にも、いろいろな魅力のある作品もあります。私は、「犯人がわかってもまた読みたくなるか」ということを判断の目安にしています。

「ホームズ」シリーズは、初めて出会ってからかれこれ30年以上。いまだに時々読み返します。

シャーロック・ホームズの冒険(上)
icon(セブンアンドワイ)

シャーロック=ホームズの冒険 上 シャーロック=ホームズ全集 (5) シャーロック=ホームズの冒険 上 シャーロック=ホームズ全集 (5)
中尾 明、常盤 新平 他 (1983/01)
偕成社
この商品の詳細を見る
(アマゾン)

涼しい気分になりたくて緑色の絵を2枚

今日の絵は、3年前の6月に描いた道端の植物。
涼しくなってきていたのに、今日は気温も高めになって、しかも蒸し暑く、部屋にいるのに汗をかいています。
緑色の絵は少しはさわやかな感じかと思い、これにしてみました。
まずは「蕗の葉っぱ」です。

plant8.jpg


こっちは「かたくりの葉っぱ」です。

plant9.jpg


色とりどりの花はもちろん好きですが、緑色の「葉っぱ」も好きです。

今日は秋の植物2種

今日の絵は、道端で見かけた秋の植物です。
描いたのは数年前ですが、ちょうど今も同じような植物が見られます。
plant6.jpg

このようなつたの葉っぱの形が好きですが、この絵はあまり、つたらしく描けませんでした。

こちらは、つたではありませんが、こういう葉っぱも好きで、歩いていて植物ばかり見ているので、他の人が見たら「なにを見てるんだろ?」と不審に思うかも知れません。
plant7.jpg

最近は秋らしくなって、朝の室内の気温は20度を切るようになりました。日中は22~3度くらいで、暑さが苦手の身にはありがたいのですが、少し歩くとまだまだ汗が出ます。

今日は犬のぬいぐるみの絵

今日の絵は、テリア(らしい)犬のぬいぐるみ。
先日も一枚載せましたが、正面から描くと、このように「おじいさんの犬」のようになります。

doll5.jpg


横から描くと、正面よりは、「おじいさん」風が薄れて、かわいい感じになるような気がします。
先日、載せた絵とは違い、これは試しに青い色鉛筆で輪郭を取ってみました。

doll6.jpg

今日は秋の川

今日の絵は、2000年の11月に描いた、うちのすぐ近くにある川です。

river1-p.jpg


真ん中にあるのは、橋ではなく、鮭を止めるための柵です。毎年、秋になると、鮭が長い旅から帰ってきます。この柵で止められて捕獲されなくても、どっちにしろ、ここで鮭の人生(魚生)は終わることになります。

鮭を狙ってかもめが騒ぐし、鮭がたくさん登ってくる頃の秋の川は結構にぎやかです。

たくさんの鮭が川にいる、という光景は初めて見る人には結構珍しいようですが、毎年見慣れている地元の人も、鮭がいるとついつい、川を覗き込みます。

もうそろそろ、川に柵が設置される時期になります。
手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。