プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイクリームとアクリルタワシ

まずは、化粧品を手作りしようと思ったきっかけになったアイクリーム。

cosmetic1.jpg


市販のスーパーで売っている安いクリームを長年、全く支障もなく使ってきましたが、この数年、まぶたの辺りの皮膚が乾いて不快。困っていました。

まぶたの小じわやら、二重まぶたどころか三重まぶたになりそうなことが続いて、どうやらまぶたというのは、皮膚が薄くて、年と共にどうしても渇き勝ちになるらしいけど、市販のアイクリームは結構なお値段で、なかなか手が出ません。

そこで、なんとか安く上げられないものだろうかと思っていたところへ、ハーブ類を使っての手作り化粧品の本を知ったわけです。面倒そうに思ったけど、やってみたらそれほどでもありませんでした。

参考にしたのは、池田書店の『美肌をつくるローズヒップ&ローズ』。

美肌をつくるローズヒップ&ローズ 美肌をつくるローズヒップ&ローズ
佐々木 薫 (2003/09)
池田書店
この商品の詳細を見る


レシピはローズヒップオイル2.5mlと、ローズウォーター5ml、スイートアーモンドオイル10mlと蜜ろう2g。

オイルと蜜ろうをマグカップに入れて湯煎して、ローズウォーターは別のマグカップで温めて、蜜ろうが溶けたらローズウォーターを混ぜます。

で、作ったときはちゃんとしたクリーム容器がなかったので、始めは間に合わせにお猪口に入れてました。

cosmetic9.jpg


湯煎についてちょっと勘違いしていて、お湯を沸かしたら火は止めていいのかと思っていましたが、そうではなくて、蜜ろうが溶けるまで弱火のままでつけていて良いようです。

70~75度くらいまでの温度に保つようにと書いてある本もありますが、そのくらいの温度になると蜜ろうが溶けるので、「溶けたら火を止める」と覚えておけば、温度が上がりすぎることはないと思います。

一応、温度計で測った結果です。

使い心地は、なかなか良い。これを使ってからまぶたの皮膚が突っ張るような感じは無くなりました。気になる材料費は、二週間分強で、500円ぐらいでした。

これはローズヒップオイルが25mlで1,890円と高いからです。オイルを売っているところはネット上でもたくさんあるようなので、もう少し安く入手できるどころを探すか、他のもっと安いオイルを使えばこれよりも安くあがりそうです。

ローズヒップオイルが肌に良いということで、まずはテキスト通りに作ってみました。

入れ物も、始めはあるもので間に合わせようと思っていましたが、うちにあるものは大きすぎるものばがかりだったので、クリーム容器を買いました。「いまじん」で、30mlの容器で1個189円でした。


そして、いつもの愛用のアクリルタワシが擦り切れてきたので、新しいのを作りました。

まずは、シンプルながら一番使いやすい、長方形の方眼編みのもの。

hand-made100.jpg


次に魚の形のもの。

hand-made101.jpg


この二つを作ってもまだ毛糸が余っていたので、残り全部を使って、長方形のものをもう一つ。始めに作ったものよりも、一段少なくなりましたが、支障なく使えます。

45gの極太アクリル毛糸一個で、これだけできました。

hand-made102.jpg


所要時間は、三つで一時間ぐらい。この毛糸の値段は260円でした。


本サイトもよろしく。こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





スポンサーサイト

初めて作った化粧品、ローズウォーターの化粧水

急に寒くなったせいか、風邪を引いて寝込んでいました。

今日はまず、寝込む前に初めて作った化粧品、ローズウォーターを使った化粧水を紹介します。

ローズウォーターは、フローラルウォーターの中の一種。フローラルウォーターというのは日本語では「芳香蒸留水」というのだそうで、私はハーブ専門店の「生活の木」から買いました。

そのままでも化粧水にできるらしいのですが、『美肌をつくるローズヒップ&ローズ』(池田書店)という本を参考にして、グリセリンを少し混ぜてみました。

美肌をつくるローズヒップ&ローズ 美肌をつくるローズヒップ&ローズ
佐々木 薫 (2003/09)
池田書店
この商品の詳細を見る


ローズウォーターもグリセリンも無色の液体なので、当然、混ぜたものも無色です。レシピは、ローズウォーター45mlと、グリセリン5mlです。

cosmetic6.jpg

写真を撮れずに寝込んでいた間にも使っていたので、ほんの少ししかビンに残っていません。それで、ふたに少し入れて撮ったのですが、よくわからないかもしれません。

香りも、使い心地も抜群で、つけると肌にスーッとなじんで、今まで使っていた化粧水よりも吸収されるのがとても速い。びっくりしました。


でも、材料費を計算してみると、約2週間分で700円ぐらい。これは私には高すぎるので、今度はドライハーブと精製水とグリセリンで作ってみました。

ドライハーブは、ローズ・レッドを使いました。
精製水でハーブティー液100mlを作り、冷めてからグリセリン2mlぐらいを混ぜます。ドライハーブの量は、小さじ3杯。


ローズ・レッドの液はとてもきれいなピンク色です。

cosmetic8.jpg

これを、無水エタノールを入れて消毒したびんに、ロートを使って入れました。
cosmetic5.jpg

びんの消毒は、煮沸消毒(熱湯で15分)してもいいんだけど、時間がかかるので、今回は無水エタノールにしました。
cosmetic4.jpg

劣化を防ぐための茶色の遮光びんを買って、冷蔵庫保存。
初めに作ったローズウォーターの化粧水のときは、手元にあった清涼飲料水の空きびんを再利用しましたが、やはり、ドロッパーがついていないと、ガバッとたくさん化粧水が出てしまうので、専用のびんを買うことにしました。

こちらは、ハーブやせっけんの材料なんかを売っている「いまじん」から買いました。
せっかくきれいなピンク色なのに、遮光びんではそれが見えなくてちょっと悲しい。
でも、せっかく作ったものだから、大事に使いたいし。

ハーブティー化粧水は、フローラルウォーターを使ったものに比べるとやはり、さらさらしすぎの感じがするけれど、でも私としては充分使えると思いました。

材料費も計算してみたら、2週間分で100円強。もう化粧水は買わないで自分で作ったほうがいい、と思いました。びんの値段も100円ぐらいだし。

このハーブティー化粧水を作るとき、参考にした本は『手づくりの化粧品と石けん』(成美堂出版)です。

手づくりの化粧品と石けん―ナチュラルで気持ちいい! 手づくりの化粧品と石けん―ナチュラルで気持ちいい!
福田 みずえ、Studio23 他 (2001/12)
成美堂出版
この商品の詳細を見る


本サイトもよろしく。おととい、やっと更新しました。
『トットちゃんとかマタ先生のずっとやくそく』の紹介ページです。

こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





カモミールティーとローズヒップティー

今日はとてもいいお天気になりました。
日中の気温は20度くらいで、朝方は冷えるようになって、ときどきストーブを点けています。

で、今日の紹介は、まずカモミールティー。
以前紹介したこの写真のカモミール。
fower3.jpg

この花を摘んで、乾燥させます。
harb7.jpg

生でもだいじょうぶなので、ちょっと乾燥が足りなかったけど、このままポットに入れて、そして飲みやすくするのにミントを少し入れました。
harb8.jpg

しばらくおいて、甘味にはちみつを少し。
harb9.jpg

風邪気味の時や、お腹の調子がいまいちの時にはこれを飲むと、体に優しい感じがします。

『ピーターラビットのおはなし』で、ピーターが飲むことになった「かみつれ」(石井桃子さん訳)のお茶は、このカモミールのことですよね。カモマイルと表記しているハーブの本もありますが。

ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1) ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他 (2002/09/21)
福音館書店
この商品の詳細を見る


そして、健康にもお肌にも良いというお茶はこちら。
harb10.jpg

うすいピンク色のきれいなお茶。写真ではちょっと茶色っぽく見えますが。

これは、ビタミンCがレモンの数倍というローズヒップと、クエン酸たっぷりのハイビスカスと、ホルモンのバランスをとるという女性に嬉しいローズのブレンドティーです。

ローズはピンク色のもの。

こちらも飲むと落ち着くような気がします。

本サイトもよろしく。
こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。