プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石けんとピンクのくつしたのその後

先日、3時間も鍋をかき回した石けんの種のその後です。

先週、季節はずれの寒さで、真冬日があったせいか、固まって型から取り出せるようになったので、ゴム手袋をして取り出し、切ってみました。

ただの長方形ではおもしろくないと思って、ハートのクッキーの抜き型を使って、ハート型にも抜いてみたけれど、クッキーのようには型から抜けてくれなくて、四苦八苦。

きれいには抜けず、ちょっとでこぼこ。

harb11.jpg


でも、3時間の苦労を無駄にしたくなくて、一応、このまま一ヶ月位寝かせることにしました。風通しが良いところで、と参考にした本にあったので、容器も、すかすかのバケツと、生ゴミの袋の網状になったものを使って。

時節柄、どの部屋も締め切り状態なので、どの部屋が風通しが良いのか迷います。それで、普段、ストーブを使っていない部屋に置くことにしました。

お正月が過ぎたら、使ってみます。
それまでは「いまじん」で買ったオリーブオイル石けんとカメリアオイル(椿油)石けんを使います。

「いまじん」のサイトはこちらです。
      いまじん

今まで使っていた石けんでは肌にきつすぎると感じるようになったので、とても細かい泡のオリーブオイル石けんやカメリアオイル石けんが肌に良いような気がします。

でも、3時間もかかるのでは、自分では当分作れません。

3時間かかっても、途中で休めるのならいいんだけど、これは休めないし、苛性ソーダを使っているので、誰もいない時間が確保できないと、むずかしい。湯せん、または鍋を直接火にかけたりするので、場所は当然台所になるし。

やってみないとわからないものです。

そして、作りかけのピンクのくつした。ここまでできました。
hand-made105.jpg

まだ、道は遠い。

必要があって、アームバンドも作りました。
前には紺色のゴムにりんごのボタンで作りましたが、今回はベージュのゴムに、白地に金色のチューリップのボタンです。

hand-made104.jpg


ボタンは以前カーディガンに付けていたものを再利用したので、ゴムと長方形のカンだけ、買いました。合わせて220円ぐらいでした。

前に作ったアームバンドはこれ。

hand-made2.jpg


本サイトもよろしく。こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif






スポンサーサイト

石けんを作ってみた

今日、初めて石けんを作ってみました。

今まで使っていた石けんがだんだん肌に合わなくなってきたので、市販の石けんをいろいろ試してみて、どうやらオリーブオイル石けんが合うとわかりました。

オリーブオイル石けんとしては安い350円で、使い心地が良いものを「いまじん」で買って使ってみました。

「いまじん」のサイトはこちらです。
      いまじん

しかし、350円の石けんを買うのに送料が630円もかかるし(10,500円以上買えば送料は無料で5、250円以上買えば送料は315円)、それに、リーズナブルな価格はいいんだけど、ここのオリーブオイル石けんは無香料なので、自分の好みの香りも付けたくて、思い切って自分で作ってみようとチャレンジしてみたんだけれど・・・。

参考にした本は池田書店の『手づくりの石けんと化粧品』と、成美堂出版の『手づくりの化粧品と石けん』の2冊です。

手づくりの石けんと化粧品―ハーブや精油の香りが楽しめる 手づくりの石けんと化粧品―ハーブや精油の香りが楽しめる
佐々木 薫 (2002/05)
池田書店
この商品の詳細を見る


予定では、オイルと苛性ソーダを混ぜて、その後、泡だて器でかき混ぜるのは本によれば1~2時間のはずだったのに、なかなかマヨネーズの固さにならない!

右手と左手と交互に混ぜること3時間!

それでも、本の写真のようにはならない!

これ以上続けたら腕を痛めると思い(なにしろ、今年は1月から半年間、痛めた腕の治療に整骨院に通っていた)、「これでもだめだったら材料費は勉強代だと思ってあきらめよう」と思って、用意した石けんの型(100円ショップで買った長方形のタッパー)に入れました。

今、保温材でくるんでストーブの前に置いてます。

ちゃんと石けんとして使えるようになるのかは、限りなく怪しいけれど・・・、一縷の望みを託して待っているところ。

今のところ、腕よりも、足腰ががくがくしてます。

苛性ソーダを使うのですごく緊張して、その後ほとんど休みなしで3時間立ちっぱなしでなべをかき混ぜ続けていたからでしょう。石けん作りがこんなに大変だなんて、思わなかった・・・。

本ではこんなに時間がかかるなんて、書いてなかったのに・・・。

手づくりの化粧品と石けん―ナチュラルで気持ちいい! 手づくりの化粧品と石けん―ナチュラルで気持ちいい!
福田 みずえ、Studio23 他 (2001/12)
成美堂出版
この商品の詳細を見る


実は「生活の木」のカタログに、ミニクリーマーを使う方法が書いてあったので、それも用意して使ってみたけど、そのカタログの分量よりずっと多い量で作っていたので、あまり効果がなかったようです。

「生活の木」のサイトはこちらです。
      生活の木

何しろ初めてなので、わからないことだらけ。でもやってみないとわからないし。仕方ないかな。

本サイトもよろしく。こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





リップクリーム

今日は、リップクリームを紹介。
リップクリームと言っても口紅タイプではありませんが。

cosmetic7.jpg


レシピは、ローズヒップオイル小さじ2分の1(2.5ml)、ドライハーブのローズひとつまみ、スイートアーモンドオイル大さじ1(15ml)弱、蜜ろう3g、はちみつ小さじ2分の1です。

二つのオイルと蜜ろうを同じ容器で湯せんしてあたためて、蜜ろうがすっかり溶けたら、はちみつとドライハーブのローズを加えて混ぜて出来上がりです。

はちみつを加えているので、ちょっと甘い。

この分量で作って、一ヵ月半ぐらい使っても、まだ半分くらい残っています。材料費は、これで580円位でした。3ヶ月位使えて、580円ほどの計算になります。。

参考にした本は、池田書店の『美肌をつくるローズヒップ&ローズ』。

美肌をつくるローズヒップ&ローズ 美肌をつくるローズヒップ&ローズ
佐々木 薫 (2003/09)
池田書店
この商品の詳細を見る



ドライハーブのローズは、細かく粉状にしなければならないのだけど、使えるミキサーがなかったので、小さいすり鉢で細かくしようとしました。時間はかかるけど、そういう方法でもできると書いてある本があったので。

でもなかなか細かくなってくれませんでした。で、ある程度のところで混ぜてしまったけど、これはあまり良くなったみたい。付けるときに、なんとなくごろごろする。

「生活の木」のパンフレットを見たら、ちゃんと粉状になったものも売っていました。今度からこれにしようかと思っています。

「生活の木」のサイトはこちらです。
      生活の木

ところで、明日は「雪」の予報が出ています。
というわけでもないけど、毛糸のくつしたを作り始めました。去年はツィードと、ブルーのくつしたを作ったので、今年はピンクと黄色のものを作りたいと思っています。

まずは、ピンク。

hand-made103.jpg


やっぱり毛糸のくつしたはとても暖かいので、ルームシューズ代わりに使うつもりです。

美肌をつくるローズヒップ&ローズ 美肌をつくるローズヒップ&ローズ
佐々木 薫 (2003/09)
池田書店
この商品の詳細を見る


本サイトもよろしく。こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





フェイスクリーム

ますます秋が深まって、このごろは雪虫が飛んでいます。

雪虫をご存知ない方は、「雪」という単語からロマンチックな雰囲気を感じるかもしれませんが、実態は人の手が触れるとすぐにべチャッとつぶれて、手や服にくっつく、なんとも迷惑な虫です。

それが結構飛んでいるところを、どうしても通らねばならないとなると・・・。ともかく、これが飛び始めたら、もうすぐ初雪です。

で、今日はまずフェイスクリーム。
参考にした本は、ボロンズ新社の『キッチンでつくる自然化粧品』。この本にあった、「ライトクリーム」。他に「リッチクリーム」というのもあったので、読んでその名の通り、顔用の軽いクリームだと思って作ってみました。

cosmetic3.jpg

 材料は、グレープシードオイルおおさじ3(45ml)と蜜ろう5g。その他は好みのエッセンシャルオイル(精油)3~5滴だそうで、他の本にあるよりも、材料が少なくて簡単そうなので、これにしました。

作り方は、グレープシードオイルと蜜ろうを同じ容器に入れて湯煎してかき混ぜて、蜜ろうがすっかり溶けたらクリーム容器に移して、エッセンシャルオイルを加えるだけ。

cosmetic2.jpg


「ライト」というわりにはこってり(?)していて、最初は肌に栄養が行き渡りそうな感じがして喜んで使っていたのだけど、このクリームは私の肌にはオイリー過ぎたようです。毛穴が詰まるような感じがしてきたので、今はハンドクリームとして使っています。

費用は、この分量で250円弱。もともと顔用のクリームだから、その用途に使ったら一ヶ月位かな?私はこれを途中からハンドクリームとして使っていて、もう3週間ほどになります。そろそろなくなりそうです。

キッチンでつくる自然化粧品 キッチンでつくる自然化粧品
小幡 有樹子 (2001/04)
ブロンズ新社
この商品の詳細を見る


本サイトもよろしく。こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





ローズマリーのリンス

ちょっと前に「作ってみる」とお知らせしていた、ドライハーブのローズマリーをアップルビネガーに漬け込んだリンス。

漬け込む容器は、インスタントコーヒーの空き瓶を再利用しました。
cosmetic15.jpg

参考にした本は、前にも紹介した池田書店の『手づくりの石けんと化粧品』です。

手づくりの石けんと化粧品―ハーブや精油の香りが楽しめる 手づくりの石けんと化粧品―ハーブや精油の香りが楽しめる
佐々木 薫 (2002/05)
池田書店
この商品の詳細を見る

これによると、「100ccのアップルビネガーに10gのローズマリー」ということで、このびんには300cc入ったので30グラムのローズマリーを入れる・・・はずですが、30gって結構かさがあって、入りませんでした。それで、30gより少なくなりましたが、できるだけ詰め込んで入れました。

成美堂出版の『手づくりの化粧品と石けん』には、このようにハーブを漬け込むときはお茶パックを使うと作業が進めやすいと書いてあったので、そのアイデアをいただいて、私もお茶パックを使いました。

手づくりの化粧品と石けん―ナチュラルで気持ちいい! 手づくりの化粧品と石けん―ナチュラルで気持ちいい!
福田 みずえ、Studio23 他 (2001/12)
成美堂出版
この商品の詳細を見る


で、2週間ほど漬け込んで、このように茶漉しを使って、やっぱり再利用の空き瓶に移しました。
cosmetic13.jpg

使ったびんは、ジャムの空きびんと、コーヒーに入れるクリーム(確かクレマトップとかいう商品名だったような・・・。はっきりおぼえていませんが)の空きびんです。
cosmetic12.jpg

手前にあるのは、ローズマリーの葉っぱ。細長くて、結構強い香りのする葉っぱです。

使い心地は、ただのアップルビネガーよりも良い。やっぱりローズマリーの香りが移っていて、私はとても気に入りました。
この頃は全身をオリーブオイルで洗っていて、髪もそう。オリーブオイルで髪を洗い、このローズマリーのリンスを大さじ一杯(15cc)、手桶に入れたお湯の中に入れて、髪を何回かこの液にくぐらせます。

もちろん、その後、お湯でよくすすぎます。すすがなくても良いと書いてある本を見たことがあるけれど、いくらなんでも、元は「酢」なので、やっぱりすすいだほうが良いと思う。

以前使っていた石けんシャンプー用のリンスのように、すぐに髪が「くたっ」となることはありませんが、この髪をドライヤーで乾かすと、石けんシャンプー用のリンスを使っていたときとは比べものにならないほど、髪がふんわりしなやかになります。

このしなやかさは、ただのアップルビネガーを使ったときも同じですが、香りがいいのはローズマリーを付漬け込んだ方。とても気に入ったので、また次の分を漬け込みました。

本サイトもよろしく。こども図書館ドットコム

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif





手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。