プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』読了

ハリー・ポッターjシリーズの第6巻(上下巻)を読み終わりました。発売前から、また誰か登場人物が「失われる」らしいと各サイトの宣伝文なんかで読んでいたので、覚悟して読み進みました。
冒頭は「これまた、波乱含みだな」と思わせる章があって、でもホグワーツの新学期が始まってからは「青春ノベルス」みたいで楽しんで読んでました。
しかし、やっぱり終盤近くに大きな「背負い投げ」が待っていました。

この人物だけは最終巻まで大丈夫だろうと私は思っていたのですが、ローリング女史はやってくれました。
前作の5巻目も、一気に暗いトーンに入って、5巻目のストーリー全体が「背負い投げ」という感じで驚きましたが、今回の「背負い投げ」もかなり驚きました。

さすが、第1巻の発売時にはシリーズのストーリー全体が完成していただけのことはあると思います。やっぱり「これが売れたら後のストーリーも作ろう」なんて態度じゃ、人を惹きつけられないでしょう。

ハリー・ポッターシリーズはファンタジーの形を借りた人間の心の成長譚だと思います。しかし、心理学のむずかしい論文の形では、いくら内容が優れていても、子どもを含む一般の人には読んでもらえませんから、こういう、年代を問わずに多くの人が楽しめる物語の形で提供してくれるのは、ありがたいと思います。

ともあれ、この第6巻を読んで最終巻を読まずにはいられない気持ちになったのは確かです。どうかきっちり「落とし前」をつけて、納得できる大団円が待っているように祈るばかりです。

(以下の表紙画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

FC2 Blog Ranking
ブログランキングに参加することにしました。どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/10-b86d3321

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。