プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑が一段落、最近作ったなべつかみを紹介

こちらでは考えられない、とんでもない猛暑が数日間続き、うちの居間ではなんと35度まで上がりました。
本州では40度まで上がったようですが、35度でもぐったりして何もできませんでした。

昨日、今日と気温がぐっと下がって、現在の温度は23度。助かった・・・というのが正直なところです。

その猛暑に入る以前から作っていた、なべつかみをご紹介。
まずはこれ。
hand-made97.jpg

かわいい柄とはっきりした色が気に入って買った布です。

次はこれ。
hand-made98.jpg

ちょっとおとなしい感じの小花柄。

それからこちら。
以前、パッチワークで作ろうと恩って、布地を裁断したところを紹介しましたが、縫いしろの計算を間違っていて、パッチワークでは作れなくなったので、残っていた布で、このように作りました。
hand-made96.jpg


どれもごく普通の木綿の布で、その下にキルト用の綿、その下に裏布と、3枚重ねています。
こんな感じ。
hand-made95.jpg


3枚重ねると、しるしがずれやすいので、しつけは普通の並縫いではだめで、半返し縫いをしたり、キルティングみたいにしつけをかけたりして工夫しています。

でも、それでもずれることがあるので、何回もほどいて縫い直したりして、時間がかかります。まだ、工夫の途中(?)です。

市販のキルティングの布のように、ミシンでまずキルティングしてしまうこともできるけど、キルティングしないふわふわした手触りが好きなので、今のところキルティングしない作り方をしています。

本サイトもよろしく。
こども図書館ドットコム


できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif







スポンサーサイト

コメント

まだまだ暑いです・・・

ニュースで、例年と違う気温の上昇に戸惑われている映像をみました。
ホント、そちらで35℃なんて未だかつてなかったのでは?
関東も、年々地獄度を上げているように思いますが、流石に40℃越すと、脳が溶けそうな感じで思考が止まりますi-183

新作、どれも素敵~i-189
一番上のハート柄のバイアス使いが、イイですねぇ~
先日、キルト展に行く機会があって、またワタを使ったモノにも挑戦してみようかなぁという気になりました…そう、気になっただけでいつになるかは未定(笑)

コメントありがとう

RENE様
コメントありがとうv-290

うちの居間で「35度」は、本当に私の記憶にある限りでは新記録です。年々暑さに弱くなっているので、ぐったりしてご飯も作れず、梅干で食べました。仕事のない日だったので、助かりました。

子どもの頃は25~27度ぐらいが普通だったと記憶しています。体が寒冷地仕様なので、暑さに慣れていませんv-409

現在は夜に気温が20度以下に下がるようになって、日中も25度くらいになったので、このまま秋になってくれるよう、祈っているところです。

鍋つかみは、某ルートでそのうち売りに出してみますが、難しい・・・でしょう。でも、売れなかったら自分で使います。洋裁技術は節約に役立てますv-411

それではまた、そちらのブログにもお邪魔しますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/182-6261ff84

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。