プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かりんとう

先日、かりんとうを作ってみました。
以前、図書館で借りた手づくりのお菓子の本を参考にして。

とっておいたコピーによるレシピは、小麦粉1カップ、卵1個、砂糖大さじ1、塩一つまみを混ぜて、こねて、めん棒でのばして薄くして、適当な長さに切って油で揚げ、別鍋で煮詰めておいた砂糖水(砂糖1カップと水2分の1カップ)の中に入れてまぶす、というのもの。

cooking1.jpg


こねている時には手にベタベタつくし、細く切るつもりが包丁にくっついたりして切りにくく、太めになったりと、「かりんとう」のイメージからは少し遠くなりました。

薄く延ばした生地は、本では包丁ではなくて、洋裁に使うしるしをつける道具みたいなものを使ってました。私も真似してみたけど、それでは生地がなかなか切れず、包丁を使ったけどそれでも切りにくく、何かコツがあるんでしょうね。

でも、出来立てはとてもおいしかった。

砂糖水をまぶしただけでは、ベタベタして手にくっついてしまうので、本には書いてなかったけど、グラニュー糖をまぶしました。

この分量で、本には8人分とありましたが、3人で食べて、あっという間になくなりました。
材料費を計算してみたら、100円ぐらいでした。

今ならセブンイレブンなんかでも、100円ぐらいの安いかりんとうを置いてるので、量と値段から言えばそうお得ではないけれど、味の方は、作ったものの方がおいしかった。ちょっと手間が掛かるけれど。

それから、8日に本サイトに『ドリトル先生月へゆく』の説明ページをアップしました。
児童書に興味のある方は、どうぞのぞいて見てください。

ドリトル先生月へゆく (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)ドリトル先生月へゆく (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)
(2000/11)
ヒュー ロフティング

商品詳細を見る


『ドリトル先生月へゆく』の説明ページ

できたらランキングのクリックお願いします。
FC2ブログランキング 
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ブログ検索 banner1.gif







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/198-f6a31969

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。