プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダ・ヴィンチ・コード』上巻読了

昨日、『ダ・ヴィンチ・コード』の上巻を読みました。
正直な感想は、「おもしろい」です。

サスペンス映画の合い間に、学術的な講義を受けているような気分になりました。アナグラムや暗号は、推理小説の王道だし。記述方法にちょっとイライラするところはあるけど、この方法で書いてる人は他にもいるし、これは作者の好みだし。


キリスト教については、単に歴史的事実を述べているだけでしょう。「十字軍」や、「魔女狩り」の名の下で行われたことや、聖書についての記述も、事実でしょう。「何が問題なの?」という感じです。(但し、上巻のみの読了時の感想です)

ただ、某団体については虚実取り混ぜて「フィクション」に仕立てあげているようですから、「この当事者からはクレームつくだろうなー」とは思います。この本は「ノン・フィクション」じゃなくて「フィクション」ではありますが。

八百万の神々の国の、体系化されない、明文化もされない、押し付けもされない、ただDNAの中に脈々と受け継がれてきた宗教観を自然に持つ人にとっては、別に問題となる記述はなく、純粋にフィクションとして楽しめます。

学術的かつ、宗教的かつ、美術的なものを総合したサスペンス・ミステリーという感じですね。まあそのすべてが総合されて人間の歴史が出来ているということを改めて感じるというか。

キリスト教と、それ以前の宗教については、日本在住のアメリカ人ナチュラリスト、ケビン・ショートさんの『ドクター・ケビンの里山ニッポン発見記』に、読みやすい記述があります。

私はこの本で、キリスト教が一般民衆に広がることになった理由を、当のキリスト教社会で暮らしてきた人の言葉で知りました。「そうだったのかー」と、目からうろこでした。『ダ・ヴィンチ・コード』を読んでいて、ケビンさんのこの本を思い出しました。

『ダ・ヴィンチ・コード』を読んでこのあたりに興味を持った人は、この本を読んでみては?

(私のサイトのこの本の紹介ページ
ドクター・ケビンの里山ニッポン発見記

(以下の表紙画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon
ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

icon
icon

ドクター・ケビンの里山ニッポン発見記―カントリーサイド・ウォーキングのすすめ
スポンサーサイト

コメント

虹色うさぎさん、こんにちは!
訪問履歴からなんだか興味が沸いてちょっと覗かせていただいたら・・・、
素敵な世界が広がっていて、隅々までわくわく読ませていただきました。

私も児童文学が大好きで、ドリトル先生やミスビアンカシリーズ、世界児童文学全集、ゲド、エンデ作品、ケストナー作品など、挙げたらホントにキリがないくらい、毎日何かしら読んでいました。
そのなかでも、「ムギと王様」とか「マーティンピピン」シリーズが大好きで今も宝物です。
それから、私が一番好きなピアノ曲はドビュッシーの「月の光」なので、(「亜麻色の~」も好きです)さらにマネやモネが大好きで、壁にベタベタと彼らの作品のポストカードが貼ってある部屋からこれを書いてます

そんなこんなで、とってもツボにハマッタ
ブログでした。これからも通わせていただきますね!
楽しみにしていますv
ハリポタも好きで好きで仕方ないんですが
個人的な面白さの不等号が
1<2<3>4>5・・・となっております(TT)
3巻は本当に、鳥肌が立つくらいの衝撃と
あの作者の天才がギラギラと現れたものすごい本だと思います。
ダヴィンチコードもいいですよね!息つく間もないほどの怒涛の展開。原作者のストーリーテリングの卓越した技術とともいに、外国作品の変な固さを感じさせない
訳者の巧さだと思います。

随分長文になってしまいました!し、失礼致します(><)

リンクの紹介文について

虹色うさぎさま

こんばんは、アクアです。
サイトのリニューアルずいぶんはかどられているのですね。早速載せていただけるようで嬉しいです。
リンクでの紹介文については、どんな風でもかまわないですよ。虹色うさぎさんのお好きなようにしていただければと思います。(返事になっていないですね……すみません。どんな紹介になるのかも楽しみですので。)
それでは、今週もがんばりましょう!

アクア

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/27-03c64729

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。