プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダ・ヴィンチ・コード』下巻読了

『ダ・ヴィンチ・コード』の下巻も読み終わりました。
やっぱり「おもしろかった」というのが感想です。

作者は、歴史を織り込んで「物語」を作り上げるのが、本当にうまい。ダ・ヴィンチの絵を中心とした「謎の群れ」が知的刺激を与えてくれるし、どんでん返しに次ぐどんでん返しも、少々しつこいような気がするけれど、最後まで興味が途切れることなく「読ませて」くれます。

こんなに「次は?次はどうなる?」とページをめくらずにいられない気持ちは、以前読んだ『五輪の薔薇』や『大地の子エイラ』とほとんど同じでした。(この2冊も、読むのを止められずに読みまくった記憶があります。)

問題とされているキリスト教関連の記述についても、別に作者はキリスト教を揶揄しているわけではないし(それどころか大真面目に取り組んでいるように思う)、その成り立ちや、「異端」とされているものについての記述にも、結構「その通りだな~」と共感できるものがありました。

私は歴史、特に世界史が子どもの頃から好きなので、世界史関連の本は結構読んでいます。

別に学術的に入れ込んで勉強しているわけではないので、一般人の興味の枠内なんですが、いつも思うのは、書き残された、言い伝えられた記憶というのは、「戦争に勝った側からの記述」、「生き残った者の記述」「現在生きている人間がその目で確認したものではない記述」が大部分であるということです。特に年代が古ければ古いほど、その比率は増して行きます。

自分に置き換えて考えるとよくわかるけれど、あらかじめ後世に残され、公開されると決まっている文章を書けと言われたら、どれだけ自分に都合悪いことを書き残せるでしょう?

なんでも「鵜呑み」はまずいと思うし、言い伝えられたことすべてが「真実」とは思えません。まあその中でどれを採用するかが、その人らしさを決めるでしょう。

似たようなことを『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でダンブルドア校長がハリーに言ってましたね。自分がどのような選択をするかが、その人が何者であるかを決める、というようなことを。

ちょっと脱線しました。この『ダ・ヴィンチ・コード』に出てくるいろいろな伝説について、その名前は知っていましたが、詳しく勉強しているわけではないので、どこまでが「現在の定説」で、どこからが作者のフィクションなのか、判別できなかったのが残念です。

でも、おもしろかったですよ、やっぱり。以前よりもなお世界史に興味が湧いたし。映画展開にも向くストーリーだし。映画も見てみたいですね。
(以下の表紙画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/28-9e88f97c

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。