プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるハリポタの最終章

昨日、新聞でとっても気になる記事を見ました。ハリポタの作者ローリング女史が、イギリスのTV番組で「主人公のハリーを含む中心人物のうち二人が死ぬ可能性がある」と語ったそうです。

ハリポタファンの皆さん、どう思われますか?そりゃあ、主人公が死ぬ物語はいろいろありますけど・・・。「ハリーを含む中心人物」と言ったら、ハリー、ロン、ハーマイオニに決まってます。

まだハリーが死ぬと決まったわけではないけれど、記事によると、『ハリー・ポッターと賢者の石』が出る前に書き上げていた最終章を少しだけ変更したそうで、初めは予定していなかった二人が死ぬことになったとか。

で、どうやらそれは他の作家にハリポタを盗作というか、パロディにされたくないという理由のような、記事の書き方でした。ローリング女史は、他の作家が主人公を死なせる気持ちがわかる、というような言い方をしたらしく、別にハリーが死ぬと明言したのではありませんが、しかし・・・。そんな言われ方をするととっても気になります。

その「心理」は、猫が自分の子どもを盗られそうになったり、不安になったりすると、自分で自分の子どもを食べてしまうっていうのと同じでしょうか?確か、昔読んだ大島弓子のマンガ『綿の国星』に、親猫が子猫を「食っちまった」とあったのを思い出しました。

それはともかく、ハリポタの1ファンとしては、ハリーにもロンにもハーマイオニにも死んで欲しくないんですけど。まあ、作者がそう決めたんなら読者はどうじたばたしても無駄なんですが、「う~ん、う~ん」と唸りながら、サイトのハリポタの紹介ページ作りに取りかかっています。

シリーズ全体の説明ページと、1巻目の説明ページができあがってからアップする予定なんですが、多分十日はかかるでしょう。でも、自分の好きな本の紹介ページを作っているときが一番楽しいですね。パソコン操作の中では。
(以下の画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon
ハリー・ポッターと賢者の石 特別版
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

それは、かなり気になる発言ですね。
本当に複雑な感じ…。
虹色うさぎさんが、唸ってしまうのも頷けます。
確かに、読者は見守るのみですが…やはり唸らずにはいられませんなぁ(笑)
ハリポタ紹介ページ、期待してます!

相互リンク依頼ありがとうございます。

はじめまして。はらっぱ文庫のまぃと申します。
相互リンクをありがとうございます。トップページにブックマークに2ヶ所に貼らせて頂きました。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします♪

ローリングさん、そんな事を言ってたのですね。。今日のニュースで翻訳家の方の税金の話を聞きました。凄い金額だなぁと、ハリポタ人気を改めて感じました。。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/39-771056f1

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。