プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調いまいちだけど、某作品に励まされる

このところ、体調日記になってます。どうも疲れや夏バテ、風邪など重なってたみたいで、今は寝込むほどでなく、まあまあ普通に起きて動いてます。

それでも、もう少ししてから某検査を受けに行って来なくては。大したことはないと思うけど、ほっといてあとで後悔したくないし。ものすごく痛い検査なんでゆううつです・・・。

ま、そればかり考えてもいられません。最新号の「ビックコミックオリジナル」の『最強伝説 黒沢』にもあるように、戦わないと。
(本の表紙画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon
最強伝説黒沢 1 (1)
いきなりこの号を読む人にはなんのことかさっぱりわからないコミックかも知れないし、特に女性の場合、この絵柄で引いてしまうかも知れませんけど(実は私も最初は「変な話」と思って読んでました。)、でも今回のこのコミックが「乱闘」に託して言いたいことは、ほんとに良くわかる。

勝った、負けたなんてそれは二の次だってこと。結果は二の次だってこと。作者は「闘う」という言葉で表現しているけど、これは「生きる」こと自体に意味があるっていうことなんですよね。きっと。

みんなそれぞれの立場でいろいろ苦労しながら生きているんだから、他人が勝手に誰かを見て「勝ち組」だの「負け組」だの決めつけるなんて、本当に失礼なことだし、とにかく、生きて行くっていうことだって、大変なんだから。
昨日この『最強伝説 黒沢』を読みながらそんなことを、思ってました。

で全然作風が違う、というか文学畑のロザモンド・ピルチャーのある作品を思い出しました。(タイトルは忘れました。)他の人から見て小さなことだって、本人がとてもこわいことに挑戦したのなら、それは本当に「勇気」を持って、ことに当たっているということだと。その作品の中でこういう意味の文章を書いてました。

小心者の私をいつも励ましてくれるのは、そんな言葉たちです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/44-6cf605b9

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。