プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のページを追加

今日、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の説明ページ(このリンクは私のサイトへ)をアップしました。「ハリー・ポッター」シリーズに興味のある方、どうぞご覧になってください。

(本の表紙画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾン)

icon
icon
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)

ところで7月末に公開された映画『ゲド戦記』の出来はいかがなのでしょう?

3・4巻を中心に原作のエピソードを取り混ぜて作ったようですが、3巻はともかく、4巻は取り扱いがむずかしい内容です。

私もサイトでいずれ『ゲド戦記』の説明ページを作りたいのですけれど、「児童文学イコール子どもが読む」という大前提からすると、4巻は小学生には勧めにくいですね。

それに、字面は平易でも、哲学的で比ゆ的な文章が多い3巻までは、別の意味で「小学生にこの文章の意味がわかるかな?」と疑問に思うところもたくさんあるし。私は大人になってから読みましたけど、「これはどういう意味?」と考え考え読みました。

原作のファンでも、3巻までしか評価しない人も多いようです。確かに3巻までと、4巻以降じゃガラッと変わるし(作者の心境の変化が如実に感じられます)、本当におもしろい物語ですけど、『ゲド戦記』は読む人をかなり選びますね。

まあ映画は監督の趣味が強く出るから、原作とはまた違いますけど。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~

早速、拝見しましたv-237
毎回、そうそう…なるほど…懐かしいなぁ~なんて、声を出しながら読んでしまうんですよね。
ハリーを始め仲間達がティーンの仲間入りをする巻で、小さな反抗期って感じもありました。
監督もかわり、確かに新しい印象を受けた作品でしたよね。
自分自身の運命と戦い始めたハリー…先が益々気になったものでした。
映画では、彼らの服装も少しセンスアップして楽しめました。
ロンが着崩した制服やハーマイオニーのジーンズ姿も中々良かったv-238
ハリーの幼さの抜けた目つきも印象的だったのを思い出しました。
映画だけしかしらないという方、確かに惜しいですよね。
本を読み進む面白さやワクワク感も、未読の方には是非体験して欲しい!

今読んでいます。

虹色うさぎさん、こんにちは。

昔3巻まで読んだことのある「ゲド戦記」シリーズをちょうど今読んでいるところです。4巻まで読んで、残りはあと2冊。確かに4巻は子ども向けとは言い切れない内容ですが(テーマは重いですし)、2巻は昔わくわくして読んだ記憶がうっすらあるので、虹色うさぎさんのサイトで説明ページができるのを楽しみにしていますね。

「ゲド戦記」の映画に関しては、周りに観た人がいるので感想を聞いたところ、面白かったという意見と、内容が難しいのでは、という意見でした。
あの内容をどうやったまとめあげたのか、実際に見てみたい気もします。

ダークなトーン

コメントありがとうございましたi-264
当初、彼らの成長に伴い配役の交代も囁かれていた3作目でしたが、結果GO!したのは正解だったと思います。
映画の色調の暗さは、私には新たな始まりを予感させましたが、なるほど…。
スコットランドで収めた映像が多かったせいか、何か背景まで語り掛けてきそうで怖かった。
ぶん殴りの場面は、ホント爽快(笑)

近々「ゲド戦記」長女が友達と見に行くようなので、また感想なり聞いてみます。

ゲド戦記

昨日、娘が映画を観てきたので感想を聞いてみました。
テーマ曲の「テルーの唄」は、とても良かったと…汗
映画の内容については、???
どうも、前半の場面展開が×だったようです。
「スターウォーズのように、エピソードⅠ・Ⅱとかにするのかなぁ?」なんて呟いてました。
いつものジブリ映画の練られた展開ではなく、絵はあまり動かずに、説明はすべて吹き替えの台詞に頼っていたために、尚更難しい内容に仕上がっちゃっていたみたいです。
↓この方のブログの記事を見て、私も娘の感想に納得したような次第です。
ニュートラルにまとめられていますので、参考になりました↓
http://d.hatena.ne.jp/sakurasaku2005/20060812

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/50-3a0303e3

手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。