プロフィール

虹色うさぎ

Author:虹色うさぎ
絵や音楽、読書や洋裁、手作りが好きです。
スケッチや手作り作品の紹介もします。

自分のサイトは児童書を中心に紹介するこども図書館ドットコム
こども図書館ドットコム

サイトで紹介している本の更新情報や、コミック・一般書などの紹介はこちらのブログで。

「おもしろい本」


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

コメントについては、ブログやサイトをお持ちの方には、基本的に、そちらでお返事します。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


全ての記事を表示する


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

あなたのブログに追加

My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のページ追加

私のサイトに、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のページを追加しました。
前作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のページ追加からちょっと時間が空きましたが、興味のある方、ご覧になってください。
(以下の画像はセブンアンドワイ、テキストリンクはアマゾンのものです。)

icon
icon
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
スポンサーサイト

コメント

ご案内ありがとうございます!

この巻は、表紙の明るいピンク色が冴えているのが気に入っています。もしや、内容を前に明るい色で攻めたとか?(笑)

「感想を書くのが難しかった」とのこと、確かにこの巻は読み手の受け取り方によって、内容に対する捕らえ方が違ってくるかもしれないですね。
私は、虹色うさぎさんのストレートな文章に好感を持ちました。
正に、娘がハリーの歳に達し、尖りまくっているので、慣れていますしねっi-229

それにしても、話が進んでいく中、作者の投げかけているお題のようなモノを消化しながら読み進むのは難しい。
戦中のナチズムを彷彿させる空気に似た感じは、確かにします。
終戦記念日頃に拙ブログで紹介した冊子『茶色の朝』の世界と見間違う程、暗雲が立ち込めてる。
日本でいうなら、治安維持法が通った辺りと重なるところがあるかもしれないですね。

「ローリング女史の読ませる才能を強く感じた」というところ、本当に私もそう思います。
虹うささんの文章力も、いつもながら素晴らしかったですよe-508
ぐいぐい引っ張られて、一気に読ませて頂きました。

尖がったハリー

こちらでは、はじめまして。
ブログ形式に慣れていないものですから、こういう形での投稿でいいのか、今ひとつ不安なのですが・・。

ハリー・ポッターのページ、読ませていただきました。
虹色うさぎさんのコラムは、いつも視点が鋭いですね!
私は結構ミーハーな読み方をするタイプなので、虹色うさぎさんの文章を読んで、改めてハリー・ポッターの魅力を感じています。

5巻のハリーはたしかに尖がってますよね。
でも、それが思春期というものなのでしょうか・・。
生い立ちと人格形成のついての文章も、考えさせられるものがありました。

まだ読んでないコンテンツがいっぱいです。
少しずつ読ませていただきますね!
それでは。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nijiusa.blog43.fc2.com/tb.php/79-199d8e76

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(ハリー・ポッターとふしちょうのきしだん、原題:''Harry Potter and the Order of the Phoenix'')は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2003年に発表した、児童文学|子
手芸 ファンタジー ミステリー 絵本 スケッチ  | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。